【IT】COBOLで構築された米失業保険システムで混乱

1: 田杉山脈 ★ 2020/04/26(日) 20:16:09.51 ID:CAP_USER
職を失ったにもかかわらず、失業手当の交付申請ができないというのは、最も身に降りかかってほしくない状況のはずだ。あるいは、資金不足の状態なのに、景気刺激策の小切手を手にできない状況も同じだろう。しかし残念なことに、それが今日の米国社会で起こっている。その原因をたどっていくと、60年以上前に生み出されたCOBOLというプログラミング言語にたどり着く。というのも、米国の多くの州で稼働している失業保険給付システムや、米国税庁(IRS)のシステムはCOBOLで記述されているためだ。

しかし、その考えは公正なものではない。COBOLの開発環境などを手がけるMicro Focusでメインフレームソリューションなどを手がける製品ディレクターのDerek Britton氏は「COBOLが問題なのではない」と述べる。

本当の問題は、米国の州政府、とりわけニュージャージー州やニューヨーク州、コネティカット州、そしてIRSが自らのコードベースをしっかりと維持管理してこなかったためだ。とはいえ、そのこと自体も彼らにすべての責任があるわけではない。

問題の根源はCOBOLではなく、COBOLプログラマーの不足ですらない。問題は、壊れていないインフラにお金をかけようとする人などいないところにある。その点で、コードと道路は同じようなものだ。そしてプログラムは壊れてしまっている。

例えば、州の失業保険給付システムは、現在発生しているほど大量の申請をさばけるようには作られていない。ニューヨーク州では3月中旬以降、本稿執筆時点で失業保険の申請が79万1840件発生しており、3月29日~4月4日の1週間の申請数は34万5246件に上っているとされる。この数字は前年の同期間と比べると2639.4%の増加だ。当初、システムを開発した人たちは、これほど大量の申請が発生するとは夢にも思っていなかった。

COBOLは退役させてもおかしくないとの見方もあるほど古くから使われているが、言語自体はまだまだ現役だ。Micro Focusが最近実施した調査によると、銀行を含む企業の63%はCOBOLシステムをメンテナンスしながら使用し続けているという。

とは言うものの、これは企業の話だ。政府機関とは異なり、彼らはCOBOLのコードをメンテナンスし続けなければならないという点をしっかり認識している。一方、IRSは過去10年で20%の予算削減を余儀なくされており、IT予算も切り詰められている。州政府のIT部門も同様の状況だ。
https://japan.zdnet.com/article/35152769/

2: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:17:37.88 ID:SRkOBUvt
40-50代 おっさん
しごとだよ
9: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:25:00.42 ID:T5UbvWNy
>>2
もっかい読み直せおバカさん
10: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:25:35.08 ID:BHECrqUk
>>2
30年前の40~50歳だろう
72: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 03:14:21.22 ID:BdSoUeCu
>>2
もう、、もうこの言語を使える人はほとんどいないんだ…
75: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 05:24:35.08 ID:LEyoOkZ+
>>2
おばか
60歳以上で、すでに退職してるよ
5: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:20:30.74 ID:MgPnT8u7
わりと優秀な言語ではあるんだよ。
プログラミング未経験の人でも
なんとなく理解できるし。
ただ、いちいちクドい書き方しなきゃいけないのがな。。。
20: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:44:10.24 ID:zltlIQhL
>>5
超高級言語だし。
34: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 21:11:20.01 ID:mysMXgvU
>>5
COBOLというよりも、ドキュメント整備しないまま担当者がいなくなったり
バグが見つかっても動いてるものは触るなという原則でバグ直さずに対応したり
そういうのが積み重なってるのが原因。
127: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 17:56:23.72 ID:oiBtgfEC
>>123
実際そうだから素人でもプログラミングできるわけで
だからソースたっぷりスパゲティーが大量に出来たわけで
はーまじ
6: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:21:07.37 ID:AvHAuMzl
まぁこれが現実だよ
世界中で見たらこんなのまだいい方
7: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:22:26.47 ID:JA7oqJRA
未来から来ました!
COBOLをメンテ出来るプログラマー募集中。
11: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:25:41.07 ID:dUN6odvR
日本と変わらんな、GAFA含め突出した企業が出てくる土壌は羨ましいが
13: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:33:19.79 ID:aG0weIMu
>>11
西海岸は兎も角、政治の中枢がある東海岸は日本と同じようにSIerが一杯居るべ
14: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:38:29.94 ID:ZRXqkvPD
帳票の定義ばっかりのだった記憶がある
16: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:40:56.70 ID:U35t5k6G
要約
システムに金使わない客が悪いんだよバーカ
17: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:41:41.54 ID:/BRjwVNj
ハリウッド映画化されそう。
「ジイさん、あんたの力がもう一度必要なんだ!」
「昔の話さ。もうワシは足を洗っている。ワシはPythonもJAVAも知らん」

過去にその手腕を知られていた人物が、世の中の変化の中で世間から忘れ去られて
いたのにも関わらず、突発的な事情により、その能力が必要になって、現場の最前線
に立つというプロットの映画は数多くあるので。
『七人の侍』とか『許されざる者』とか。
けっこうあるので。

28: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 21:04:17.59 ID:KW3jmub3
>>17
これは観てみたいwww
話は大きく、世界滅亡をかけたストーリーでな。
31: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 21:06:05.93 ID:DxLtIixU
>>28
でもMIBみたいなコメディになりそう。
「おい若造、このマウスというのは何だ?」
51: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 22:20:43.99 ID:PzwxSnR4
>>28
米軍の核システムが工作員に操作され、ミサイルが1時間後に発射されてしまう!
サイロに潜入した主人公たちが目にしたのはIBMメインフレームとアセンブリの制御プログラムだった!
フロッピーディスクすら見たことのない主人公たちは為す術なく立ち尽くすが、そこに一人の元エンジニアのおっさんが現れるのだった 世界の運命やいかに
58: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 22:44:17.17 ID:F75nSbm/
>>17
スペース・カウボーイかと思った
96: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 08:20:08.67 ID:mgkUzMuR
>>17
夢に出てきそうな位に胸アツなんだがw
136: 名刺は切らしておりまして 2020/04/29(水) 03:39:21.96 ID:6Wk9cpzf
>>17
目の見えなくなったじいさんが
指先でパンチ読む展開だろ?

足がプルプルしてると思ったら
ツービート刻んでるという

18: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:41:46.99 ID:vYitzk9S
20年近く前だけど
COBOLは日立でプログラマやってた頃に給与計算ソフトとして使ってたな
19: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:42:25.35 ID:cDeSC6ZT
>コードベースをしっかりと維持管理してこなかった

日本でも新規開発に対して、維持運用は冷遇されてる

過去に作られ、めちゃくちゃな修正を加えられながらかろうじて動いてるコードを
冷や冷やしながら、修正・テストしていくのはやってられんだろう

21: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 20:49:09.55 ID:Y6abYTWn
はぁ~仕様書ねぇ
フローもねぇ
資料が全く残ってねぇ
IDEもねぇ
デバッガねぇ
謎のループがグールグル
出社して、メール見て
2時間ちょっとの無駄会議
休日ねぇ、ガス抜きねぇ
上司は一日一度狂う!
オラこんなCOBOLやだー
オラこんなCOBOLやだー
30: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 21:05:28.74 ID:KW3jmub3
>>21
脳内再生余裕だなww
54: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 22:36:07.96 ID:rpzQBrOW
>>21
上手過ぎ
上司は一日一度狂う、には兜を脱いだわ
62: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 23:18:40.01 ID:BqG2yWP9
>>21
いちいち納得のいく秀逸さ
37: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 21:20:46.53 ID:YkZlRA1t
システムに金かけないでメンテ無視して機能追加しまくってきたツケだろ
内ゲバしながらきっちり払うんだな、みずほみたいに
55: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 22:37:13.41 ID:06h1HnKK
この文章おかしくね? まずどんな問題が起きたのかを説明してから書かないと訳が分からないんだがw
阿保が書いたのか?
59: 名刺は切らしておりまして 2020/04/26(日) 22:47:25.92 ID:oCZk0ouj
>>55
どんな問題が起きたかわからないことが問題なんだろ
69: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 02:33:33.89 ID:3NG90dgi
多くの場合、システムに関する書類はすでに客先が廃棄した後。
ソースプログラムさえ削除されていた場合、システムの変更は無理
70: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 02:46:20.09 ID:t/CPRkeA
20年くらい前に過去の遺産みたいな話になってたのに
時々存在感がスゲェなCOBOL
77: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 05:37:42.05 ID:LarZWY1G
どこの会社も組織もそうだが
上の方にシステムの金銭感覚が無いのが問題

erp1本1億円、保守料年20%て言っても根拠不明の高いの一言で見送り

アホか

79: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2020/04/27(月) 05:41:10.19 ID:P8/4KH2L
COBOL馬鹿にする、アメリカも馬鹿にするの多いけど
電力会社の配電処理なんかも日本のはCOBOLだったと想うんだけどな

電気ないとどの機材もただの箱だよ

80: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 06:32:17.65 ID:84KcR4pq
やはり 一番の原因は COBOL のプログラマーの給料が安くて ほかの原語に移ってしまった事だと思う
82: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 06:39:45.07 ID:WsYmg/T4
COBOLシステムを解析してビジネスロジックを抽出するAIを開発しろよ

そのAIは発狂して使い物にならない
84: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 06:56:57.97 ID:WsYmg/T4
知らない人のために書いておくと、
COBOLシステムって桁数の管理が凄くシビアな言語なの
特に桁数を増やすのが厄介

例えば、桁数を増やす重要項目が数個あったとする
すると、ファイル経由で変更の感染爆発が生じて、
最終的に、プログラムの変更が100~1000箇所になるなんて普通なんだ
中身が良く分からないシステムでそんな変更したらどうなるか…

85: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 07:01:52.93 ID:Ir7eWh7d
ループ処理で抜けるとき
例え簡単な記述でも
他者が見たとき+1された事すら気づかないケースがある
言語より大事なことは人間としての気遣いだけどね
86: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 07:03:56.08 ID:3kYKEsst
>数字は前年の同期間と比べると2639.4%の増加だ

瞬間的には世界大恐慌以上なんだろ?まぁ普通に対応できないよな
100年に一回あるかないかの事態に対するシステム的な余力って普段では過剰だという判断になるはず

で、米国の第二四半期のGDPの落ち込みが4割と言う破滅的な予想も出てきた
こんな状態でシステムの抜本的な入れ替えなんか更に不可能だろうね
過去の技術者を持ってきて対応するしかない

90: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 07:34:31.85 ID:+Vc6CWQ9
当時、cobolは誰でも出来たけど馬鹿が組むと無駄な処理や、何処かでエラーが出た時に辻褄合わせの処理を沢山入れてる奴いた。
そんなの組んだ奴でも暫くすれば忘れて追うの大変だし、組んだ奴も説明しろと言っても説明出来なかったな。
91: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 07:45:12.69 ID:3kYKEsst
米国の場合はクレジット・スコアがあるから、一時的にでも経済的に行き詰まると
将来の金利を始めとした融資条件が変わる(厳しくなる)恐れがあるから大変だからね

セイフティネットを頼りにしてる米国人は多いと思うが、
失敗した時のリスクはほんとでかい

93: 名刺は切らしておりまして 2020/04/27(月) 08:07:39.65 ID:9ML5hJnZ
ありそうなのは、急激に想定以上の処理件数になったので、処理遅れが多発
次にありそうなのは、想定以上件数による桁あふれ、内部管理用のID番号桁不足
これを解決するには、一連のDB・ファイルでエリア拡張が必要になり、
短時間では無理

引用元: ・【IT】COBOLで構築された米失業保険システムで混乱 [田杉山脈★]

コメント

タイトルとURLをコピーしました